【腸活コラム】第1回 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

皆さんは乳酸菌にもいろんな種類があるって知っていましたか?

今回は「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の違いについてご紹介します。

目次

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌のこと。乳酸菌にとって心地の良い環境に住んでいます。一方、ぬか漬けやキムチに含まれる植物性乳酸菌は高い塩分濃度、酸性環境の過酷な環境でも生存できるので生きて腸に届きやすいのが特徴です。海藻から取れた乳酸菌も植物性乳酸菌に属します。

 

日本人と相性の良い海藻由来の乳酸菌

日本人がヨーグルトやチーズを食べる歴史は浅いですが、古くから私たち日本人は海藻を味噌汁に入れたり魚と一緒に食べてきました。海藻由来の乳酸菌は日本人にとてもなじみのある乳酸菌です。

 

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとは、善玉菌や乳酸菌などお腹の中で良い働きをする微生物、またはそれを含む食品のこと。ぬか漬けやキムチなどの食品も伝統的なプロバイオティクスです。海藻由来の乳酸菌「S-1乳酸菌」もこれに入ります。

プレバイオティクスとは、善玉菌の「エサ」のこと。善玉菌の栄養源となり、善玉菌の増殖を促進させます。海藻に豊富に含まれる水溶性食物繊維が該当します。

このプロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒にとることが、お腹の環境に良い影響を与えます。専門用語で「シンバイオティクス」といいます。

 

マリンシンバイオティクスって?

マリンシンバイオティクスとは、海藻由来の乳酸菌と食物繊維を一緒に摂取すること。海由来の海藻を使用しているので、”マリン”シンバイオティクスといいます。フローラバランスを整え、体の内側から健康とキレイをサポートします