めかぶの健康効果がすごい!めかぶの凄さがわかる『めかぶファースト®』と、今後期待される『アカモクファースト』とは?

研究成果が発表された「めかぶ」

 

このコラムを読んでくださっている読者の方はご自身や家族の健康に、とても関心が高いのではないでしょうか。

 

例えば、夜遅くまでお仕事をして帰宅。そこから晩ごはんを食べる。

お仕事のお付き合いで夜遅くまで飲食して、朝は何も食べずに出勤する。

などなど。不規則な生活に、あなたや家族の体は悲鳴をあげているかもしれません。

 

20代の頃はなんとか若さでカバーできても、30代、40代になってくると、気力、体力のおとろえを実感しますし、生活習慣病も気になってきます。

 

働く男性も女性も本当に大変だと思いますが、ご自宅もしくはご自身で運動や食事など、なにか健康対策をしていますか?

 

健康対策…と言われても…。

そんなことは分かっていても、忙しい毎日をすごしているなかで、健康や食事について自信をもって気をつけていますと言えないことのほうが多いかもしれませんね。

 

そこで今回は、忙しくても毎日の健康のことを考えて、がんばっている読者の方のために、カンタンで効果抜群の健康法をお届けします。

 

カンタンで効果抜群の健康法とは、おかげさまの運営会社カネリョウ海藻が大学と共同研究をおこなった、食後血糖値の上昇をおさえる救世主として注目をあつめる『ある海藻』を食べる健康法についてのお話しです。

 

目次

 

今回得られるメリット

今回のコラムを読むことで得られるメリットはこちらの3つです。

1.病気のリスクは意外に多く、決して他人事ではないことがわかる

2.『ある海藻』にかくされた新しい健康効果を知ることができる

3.特に仕事や家庭でがんばるみんなの健康予防ができる

 

では、早速コラムをスタートしましょう!

 

 

それは『めかぶファースト®』 和食文化をもう一度見直しませんか?

『ある海藻』で毎日の食事の見直しをしませんか?

『ある海藻』とは、『めかぶ』です。

そして、めかぶを食べて、食後血糖値の急上昇をおさえる方法を

めかぶファースト®と言います。

 

めかぶファースト®とは、カネリョウ海藻と和洋女子大学・家政学部・健康栄養学科の多賀昌樹准教授と共同で進めている研究の試験結果で、めかぶに食後血糖値の上昇をおだやかにする作用があることが

世界ではじめて確認されたことから、めかぶファースト®と名づけられました。

 

 

ベジタブルファーストよりすごい!めかぶファースト®!

血糖値の上昇をおさえる食べ方で有名なのはベジタブルファーストです。

 

食事のときは、まず食物繊維を多く含む野菜から先に食べることでインスリンの分泌をゆるやかにして、血糖値の上昇をおだやかにするという食事法です。

『野菜の先食べ』なんていわれる場合もある、健康に詳しい方にはとてもポピュラーな食事法ですね。

 

「じゃあ、めかぶじゃなくて野菜でもいいんじゃないの?」

と思った方もいると思います。

確かにおっしゃる通りです。

 

でも、ちょっと待ってください。

私たちおかげさまが、わざわざめかぶファースト®といっている理由があるのです。

その理由はこのグラフにあります。

 

 

グラフの縦軸は、血糖値の量をしめしています。

棒グラフの左から、白飯、白飯+めかぶ、白飯+キャベツの順番で数値がでていますが、血糖値の量が一番少ないのが、白飯+めかぶです。

めかぶを先に食べる効果は、このグラフがしめしているように野菜を先に食べるよりも、はるかに強いのです。

 

野菜を先に食べるよりも、めかぶを先に食べるほうが効果が高い理由はあきらかです。

まず、めかぶにふくまれる水溶性の食物繊維が、血糖値を上げてしまう炭水化物の吸収をおだやかにすること。そして、食べすぎた炭水化物もつつみこんで排泄物といっしょに体の外に出してしまうからです。

 

 

では、時間ごとの血糖値の減り方をしめしたグラフを見てみましょう。

・白米だけを食べたときを青色

・白米とキャベツを食べたときを黄緑色

・白米とめかぶを食べたときを赤色

で比較した折れ線グラフです。

 

30分後、60分後、90分後、120分後、それぞれの時間をくらべても、すべてめかぶを先に食べたときの数値が低くなっています。

 

炭水化物の取り過ぎは、糖尿病発症のリスクを上げてしまいます。

そして、糖尿病はさまざまな成人病のリスクと直結しています。

 

食後の血糖値上昇をコントロールするために、めかぶの先食べ『めかぶファースト®』を実践して病気のリスクを減らしていきたいですね。

めかぶファースト®といっても、毎日の食事のときに、めかぶを先に食べるだけですから、むずかしいことは何もありません。

今日からでも実践できるところがステキです。

 

 

『めかぶファースト®』を研究発表した背景

私たちおかげさまの運営会社、カネリョウ海藻と和洋女子大学が『めかぶファースト®』を研究発表した背景は、私たちの得意分野である海藻で、みなさんの健康を守りたいからです。

そして研究の結果、それが実現可能だということがわかったからです。

 

今、日本では糖尿病をはじめとする生活習慣病が増え続けています。

厚生労働省が発表した『国民健康・栄養調査 平成28年度版』の結果から、糖尿病が強く疑われる人は、1,000万人を超えているという現実があります。

 

ご飯を食べた後、血糖値は高くなります。

そして、高くなった血糖値をもとにもどすためにインスリンという物質が血液中に分泌されます。

でも、甘いものや脂肪の多いものをひんぱんに食べ過ぎていると、食後高血糖が続きます。

 

この高血糖をもとにもどすために、何度も何度もインスリンが分泌されてしまうと、インスリンの分泌に異常をきたしてしまうことがあります。

インスリンの分泌に異常が出てくることで糖尿病を発症してしまうリスクが高くなるのです。

 

ですから、糖尿病にならないための予防として、食後の高血糖をおさえる必要があります。

そして高血糖をおさえる予防策として以前から注目されていたのが、ベジタブルファースト。

つまり、野菜の先食べです。

 

ダイエットに興味のある人なら野菜を先に食べることで太りにくくなると聞いたことがあると思いますが、その食べ方です。

では、せっかくなので、ここであらためてベジタブルファーストをご説明しておきますね。

 

 

ベジタブルファースト(野菜の先食べ)とは?

お腹がすいているとき、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物を先に食べてしまうことで血糖値が急上昇してしまいます。

その急上昇した血糖値をもとにもどすためにインスリンも急激に分泌されます。

 

インスリンは糖質を脂肪に変化させる働きがあるので、食べすぎて消費できなかったときは、脂肪が体にたまってしまうことになります。

 

ベジタブルファーストは、食物繊維をたくさん含んだ野菜を先に食べることで、インスリンの分泌のスピードをゆるやかにして、血糖値の上昇をおだやかにする食事法なのです。

 

でも、カネリョウ海藻と和洋女子大学の共同研究の結果、めかぶの先食べ、つまり『めかぶファースト®』が、ベジタブルファーストよりもはるかにパワーがあることがあきらかになったのは、先にご説明したとおりですね。

めかぶは、やっぱり只者ではなかったのです!

 

 

気軽にはじめられる『めかぶファースト®』

私がベジタブルファーストよりも『めかぶファースト®』を強くオススメするポイントを3つ説明したいと思います。

 

1.めかぶはどこででも気軽に手に入る

みなさんご存知の通り、めかぶは海藻です。

おかげさまでもめかぶを販売していますし、スーパーの生鮮コーナーにいけば、たいていの場合めかぶを購入することができます。

『めかぶファースト®』をはじめるのに何もむずかしいことはないのです。

 

2.めかぶを先に食べるだけ。カンタン。

食事のときに、ご飯や他のおかずよりも先に、めかぶを食べるだけ。

ただそれだけで『めかぶファースト®』になります。カンタンです。

 

3.めかぶは低カロリー

めかぶは海藻です。

海藻は低カロリーの代表格。いくら食べてもほとんど太りません。

ですから、ダイエット中の方でも何も気にせず『めかぶファースト®』をスタートできます。

 

 

まとめ

今回は、ベジタブルファーストよりすごい、めかぶファースト®のお話しをしました。

人間が生きていくために、食事は欠かせません。

でも、その食事の内容ひとつで健康にも不健康にもなるのです。

 

そんなことは誰にでも分かっていることですが、本当に体にいいものだけを食べようと思っても今の社会ではムリがあることも、みんなわかっています。

 

そんななかで出てきた食事法が、野菜の先食べ、ベジタブルファーストでした。

ベジタブルファーストも今回ご紹介したグラフにもあったように健康効果があり、全国的に認知されるようになってきました。

 

そして、そのベジタブルファーストのさらに上をいく効果が研究によってあきらかになった『めかぶファースト®』。

めかぶは、私たちおかげさまのショッピングサイトでも販売していますし、近所のスーパーでも気軽に購入することができる身近な海藻です。

 

このコラムを読んだ今日の夕飯にも、気軽におかずの一品としてめかぶを加えることができます。

気軽に手に入る食材で家族の健康が守れるなんて、こんなに素晴らしいことはありません。

 

 

また、その効果はめかぶと同じ褐藻類で健康成分が多く含まれる「アカモク」にも期待できることがわかってきました。

さらに、「アカモク」はめかぶ以上にその効果を発揮するかもしれないのです。

学会発表、メディア露出等により『めかぶファースト®』が広まりつつある現在、めかぶの品薄が予測されるため、ぜひ『アカモクファースト』にもご注目ください。

その詳細につきましては、次回の海藻コラムでお伝えしたいと思いますのでご期待ください。

 

これからも、海藻を通じてみなさんが健康な毎日を過ごせるよう、研究、そして新しい商品の提案をしていきたいと思っています。

 

海藻太郎